8/15 今年最後の海と総括

 

今年は梅雨の時期に雨が降らないで、お盆の時期に雨が降るという夏らしくない気候だった。

 

年明けから今年の夏は今までの夏で1番楽しもうと後輩と話していたから、天気が良かった期間は短かったかもしれないけど、この時期まで駆け抜けられた。

 

 

今日も雨の中出撃したけど、途中から土砂降りで結局テントへ2連出しとその後にお店に連れ出して負けて今年の海ナンパは終了。

 

 

海での結果は8日間出撃して、3即2準即と結果だけみたら、大した事ないかもしれない。

坊主叩いたり、海遠征なのに夜案件が捕まらなくて近くの繁華街出て夜までストしたり笑

 

 

でも目的を持ってたから、そこに向かって動けた。ただ海に行って声かけて即れましたじゃなくて、事前にウイングと作戦立てて動線確認して、理由付け考えて。失敗して反省してまた失敗して。上手くはまることもあれば、ハマらないことも沢山あった。それでも自分達のルーティンを信じて声かけた。

 

 

その結果海でコンビ即、くるくる即する事が出来た。

 

 

この成功体験は大きい。

 

 

最後まで一緒に目的に向かって駆け抜けてくれたウイングに感謝。

 

 

ナンパ始めて2年間でこんなにガッツリコンビナンパしたことは無かったけど、『今日はどんな出会いがあるかな』ってワクワクしながら砂浜に行く感じがたまらなく楽しかった。

 

また来年もやりたいな。今年の反省を生かして。

 

 

8月後半はプールなり納涼船行きつつも、ストに比重を戻していこうと思う。

 

 

 

去年ナンパして初めて付き合った彼女と別れてもうすぐ一年。

 

 

 

あんな子にもう一度また出逢いたいから街に出る。

 

 

 

やっぱり自分はストリートナンパが好きだ。

 

 

 

 

 

8/14 表参道昼ストアポ

 

今日は先日表参道で番ゲした子とのアポ

 

 

デザイナーをしてて声かけた時も自分で作った洋服を着て歩いていた

顔立ちが綺麗で身長も170オーバー

 

 

番ゲしてその後LINEしてトントンとアポまで決まる

 

 

 

いつものお店

最近のトークを見直すためにレコーダーで録音

今日はちゃんと録音できていた笑

 

 

録音してるとこのトークは食いつきの判定に使えるなとか、この話をしたのはこういう意図があったけど、相手に伝わってないなとかその時の場面を思い起こしながら振り返れるからいい。

 

 

今回のアポは時間かけすぎたイメージ。

いつも1時間から1時間半で1件目を終えてたけど、2時間弱位お店にいた。

 

 

【ioi・見極め】

料理の取り分け→女の子とのご飯慣れてる感あるね

今まで何人と付き合ってきたの?

キスの相性大事→共感される→なかなかのことをさらっと言うね→新キャラだね

ポジティブなキャラ設定→ そういう男の方が良くない?→売りがうまいね

既読スルーとかするタイプ→おれには早いレス

アポの中盤に番げした時の服装を褒める→あの日あの洋服着てて良かった

めっちゃグイグイくるね→でも良いと思う

自分語り→それだけ話せるのってすごいと思う

 

メモになってしまったが、今回は自分のキャラを言い換えてこういう男って良いよなってのを売り込んだイメージ。

 

 

いつもアポでは相手に話してもらうスタンスなんだけど、相手が人見知りで序盤に口数が少ないったのと、せっかく録音してるし自分語りトークが刺さるか確認したかったから、いつもより話す割合多めのアポ。

 

 

結果的に価値の伝達は上手くいったが、録音聞くとムダが多い。体脂肪率20%のトーク

 

 

もっと洗練されたトークしないと目標とする層は落とせない。

 

 

日々勉強だ。

 

 

 

 

【戦果】

1準即

 

8/12 スト即とアポ負け

 

どんよりした天気

日差しが強くないし、気温も高くないからいつもの汗グダが起きないななんて思いつつ、ながらナンパ

 

 

お盆だからか人の層がいつもと違う

トレーニングの帰り道、交差点で信号待ちをしつつ綺麗目な雰囲気の子がいたから前に出て声かけようと後ろを振り返ると、全然可愛くない

 

 

あらら

 

 

その流れで後ろを見ると、夏っぽいワンピースを着た子と目があう。

ミリオンダラースマイル笑

目が合ってそのまま声掛け

 

 

六本木の幼稚園に勤めている先生

美容院帰りでこれから帰るとのこと

時間指定でカフェ連れ出しを提案

 

平行トークしてる時に食いつきを感じる

よく笑う、何を言っても面白いと言う、ツッコミのボディタッチをしてくる

 

 

これは弾丸狙える

 

 

混んでるからって言いつつ、カ◯館前まで行きここ入ろうで打診 

 

 

少しグダられながらもイン

 

BGMを流しつつ

飲み物が届いてからギラ

 

 

まだ会ったばっかりだよと言いつつ舌は絡ませてくる

 

 

そこからやっぱダメと距離を取られつつも

雰囲気とネガポジで攻める

 

 

ここじゃ嫌

ホテルなら良いのにと言われたので

 

 

速攻退店しタクシーで自宅へ

 

 

 

そのままゲット

 

 

アフターフォローして駅まで送ってバイバイ

 

 

一昨日の子とは別件で夜アポに備え準備するも返事が返ってこない 

 

 

ストろうにも昼間に即ってるから、おとなしく洗濯

 

 

すると連絡がくる

 

 

どこいるのー?

 

 

家の近くまで呼び、そのまま家打診もグダ

 

 

和み直しで、近くの店にイン

 

 

恋愛遍歴を聞くと恋愛経験少なめ

今まで2人と付き合ったがそのうち1人は女性だったということ

 

男子も女子も両方いけるらしい

 

 

初めてのパターン

 

 

それでもいつものセオリー通りにアポを進め、価値伝達していく

 

すごい共感する、カラダの向きがこちらに寄る、笑顔が増える等ポジティブなサインがいくつか出てくる

 

 

お店退店

 

 

家打診するも通らず、今日は帰るの一点張り

 

 

負けた

 

 

 

4月に連れ出し負けして、先月たまたま会って30分くらい飲み行って今日またアポ取り付けられた。合流した時の雰囲気とかは行けそうだったんだけどな。

 

 

 

【推奨・反省事項】

結構可愛かったけど、独自の世界観持っているタイプで今思うと相手に主導権握られてたかも。

 

以前は番げ主体で後日アポするストスタイルだったが、4月から連れ出し主体のナンパをして、スト即の流れが掴めてきた。

 

やはり大事なのは声掛けからいかに個室に誘導するか。そこから急にギラつかずにトークや軽いボディタッチで距離を縮めていけるかが大事なんだなと実感。

 

 

【戦果】

1即1アポ負け2番げ

 

 

8/10 海ナンパくるくる2即&アポ

 

こないだのプチ遠征でやりきった感。

今日は家でゆっくりしようと思っていたが、後輩から夏は楽しまないとあっという間に終わっちゃいます!と尻を叩かれ海へ

 

 

でも今日はゆっくり日焼けしながら、たまーに声かけるくらいでいいかなと思ってた

 

 

今年何回この道を通っただろうか

 

 

駅から海に行く途中に作戦の確認をし、まだ見ぬ出会いに期待と興奮をしながら水鉄砲を持って歩く社会人2人

 

 

テントの張り方も手馴れたもので、あっという間に準備完了

 

 

本当に今日は声かける気なかったから、日焼けしようとして寝っ転がってたら、後輩から激励

 

 

こんなことしてたらあっという間に1日終わっちゃいますよ!早く声かけましょ!

 

 

今日そういうテンションじゃないんだよなと思いつつ、声掛けに行く

 

 

オープンはするもいまいちテンションが上がらず、逆放流の嵐

 

 

一旦テントに戻り仕切り直し

 

 

しばらく休んでから海へ

 

 

 

何組か声をかけた後に、後輩があの2人行きましょ!って泳いでいた2人組に突撃

 

 

遅れておれも参加

 

会話の序盤はほとんど話さず、終いには後輩に先輩日焼けしすぎて疲れてるからとフォローまで言われる始末

 

後から女の子に聞いたら人見知りだと思ったと言われるレベル笑

 

でも直感でいけそうな雰囲気したから、流れでセパってゆったりトーク

 

この夏ギラつくのに多用しまくった耳フェチトークでギラからのキス

 

 

友達にみられちゃうからダメ

 

 

と言いつつ目もつむってる

 

 

 

友達とはかなり距離あるし、絶対見られないからって言ってそのままキス

 

 

 

そのまま手マソ

 

 

 

グダ

 

 

嫌じゃないでしょ?

 

 

見られるのが恥ずかしいの…

 

 

解放

 

 

そのまま駅弁スタイルで即

 

 

 

テントに戻って後輩と合図

 

 

担当チェンジ

 

担当チェンジ前に後輩がギラつきやすい様に担当子に布石を打っておく

 

 

相方子とは全く和んでなかったんで一度アイス買いに行きその間のトークで距離を詰める

 

 

ギラへの布石トークを入れる

 

 

 

アイスボックスを一緒に食べてから、耳フェチトークでギラ

 

 

そこからは雰囲気で即 

 

 

 

くるくる達成

 

 

 

後輩も即ったみたいで4人で集まりしばらくして放流

 

 

 

後輩とグータッチ

 

 

その後詳細は割愛するが後輩はもう1即の計3即

2人で5即という結果が生まれた

 

 

 

今日は運が良かったなと

 

 

興奮冷めやらぬ中、夜アポに向け急いで帰宅

 

 

アポはこないだ番ゲした時にバスボムを貰った子とのアポ

 

 

 

結果は家連れ出し負けだった

 

 

 

でも今の自分じゃ倒せないなって子だったし、色々グダってくれて良かったなと。

 

 

話してて楽しくて、本気で口説きに行ったけど、ダメだった。

 

 

土曜日にもう一回仮アポ組んだけど、これで会えたら準準即かなって感じ。アポれるかわからないけど。

 

 

なんか久しぶりな感覚だ。

 

 

負けたのに清々しい。

 

 

 

本当はゲットにこだわるべきなんだろうけど。

 

 

 【推奨・反省事項】

ストも同じだけど、気分が乗らない時はもちろんある。そんな時に連れ出してくれる仲間の存在がありがたい。結局フィールドに立てば声掛けしたくなるのが師である。と言いつつ自分からはほとんど声掛けしてないけど笑

 

今回の海ナンパは声掛け、ジャブのギラを繰り出して、反応イマイチなら即放流、いけそうなら和んでギラつく。これを徹底できた。声掛けの母数も大事なのは変わらず、最終的な声掛けは15-20程度。

 

逆放流された子達が他の男に海の家に連れ出されているのを見るとやっぱり悔しい。

自分達は海を楽しみにきた女の子達の期待値を超えられなくて、放流されてるわけで。

そこら辺のお酒奢る男子に負けてる。

相手を楽しませて、もっと一緒にいたいって求められる男になりたい。

 

 

 外に出ると何かしら考えるな。

 

 

 

【戦果】

2即1アポ負け

 

 

 

 

 

8/9 スト

今日みたいな昼間がめっちゃ晴れて夜に雨がぽつぽつ降る微妙な天気

 

こういう日は傘を持ってる人と持ってない人がいるので、雨降ってきた時に傘を差し出すと簡単にオープンする

 

いきなり傘差し出されたら普通の人はビックリするから、雨急に降ってきたな、濡れて風邪引くといけないからとりあえずって言いながら入れてあげる

 

 

これでもダメなら、おじいちゃんトーク出せば大体目的地までは平行トークできる

 

 

今日も仕事が終わってジムへ

 

 

最近海行ったりであんまりトレーニング出来ていなかったから、楽しみ

 

 

ジム行く途中にかなり粘って番げ

 

 

そしてトレーニング

インターバル中、トレーナーにかなり追い込んでるねって声掛けられて気持ちよくなる笑

 

久しぶりにガッツリトレーニングが出来たのでテンションが上がる

 

 

仲間が渋谷でストしているとの情報を得たので久しぶりに渋谷へ

 

 

帰り道に声掛け

 

 

喫煙所近くで携帯見てる子と話すも未来見えず

 

その子と話してる時にすらっとした黒髪でオシャレな人が通ったので、バイバイして追いかけて声掛け

 

 

めっちゃムシムシしますねー

でオープンからの

着ている洋服がかなり特徴あったのでそこから話を膨らませる

平行トークしつつ立ち止め場所確認

 

トレーニング終わりで喉乾いたから、コンビニ付き合ってでコンビニへ

コーヒーで乾杯

 

 

少し立ち話して駅までトーク

 

服飾関係の会社をしている20代、今は独立して自分で洋服を作っているらしい

 

今日着ている服も自分で作ったと

 

これは驚いた

 

仮アポ決めてバイバイ

 

歩いて渋谷まで行こうと思ったけど、駅まで来ちゃったんで電車で渋谷へ

 

 

渋谷でサクッと所用を済ませ仲間と合流するも一瞬で声掛けて消えて行く

 

 

さすがスト師

 

 

完ソロばっちこいだけど、この時間はあんまりソロがいないから、3声掛けくらいで帰宅を決意

 

街に女の子が少なくても意外と改札くぐった構内はターゲットいる

 

電車が来たので乗ると

ちょうど肌がこんがり焼けたギャルの隣が空いてたから座わる

 

座る時にわざとカバンを相手の荷物にぶつけて意識をこっちに向ける(あくまで優しく笑)

 

 

ごめんなさいと言いつつ、今度は相手の肌を指差し会話するように仕向ける(相手がイヤホンで音楽を聴いていたので、声が聞こえない可能性があるから)

 

 

そこからは肌すごい焼けてるね笑

今年何回海行ったの?

みたいな感じで話の流れを作る

 

自分が降りる駅を通過し

相手が降りる駅まで行って番げ

 

 

折り返しの電車に乗ると斜め前にハット被って肌が焼けた加藤夏希似の子が

 

 

どうやって声かけようかなって思いつつ

 

やっぱ降りた時だなって思い、タイミングを伺う

 

また自分が降りる予定の駅を過ぎる笑

 

 

降りた瞬間、相手の意識が変わる瞬間に声掛け

 

 

ここは誠実に

 

 

ビックリしてるから、自己開示しつつカラダ全体を見せて不審者じゃないことをアピール

 

 

道聞かれたのかと思った笑

 

 

改札前でビタ止め

 

 

30代のアパレル店員

 

 

全然30代に見えなかった

 

 

これから友達とご飯に行くとのこと

 

仮アポ決めたかったけど、警戒されていたのか8月は予定が埋まっているとかわされた

 

あまり和めなかったから死番になるかもな

 

 

でもこの積み重ねが大事なんだと思いつつ再び電車へ

 

今のテンション的に可愛い子がいたらまた声掛けちゃうから、現れないように祈る笑

 

 

今度は最寄りにちゃんと着く

 

 

最寄りでも何声掛けかして帰宅

 

 

 

【推奨・検討事項】

声を掛けた相手にフォーカスしたトークが出来るようになってきた

→持ち物や服装をツッコミつつ、その人の人間性も絡めたトーク

 

 

 

【戦果】

4番ゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/6 海遠征〜2日目〜

 

前日の反省をしながら水着を洗濯する

今日はエアビーに連れ出し最優先でスピード感持っていこうと。エアビー打診のためのトークの流れを確認し海へ。

 

天気は快晴。人の多さも丁度いい。

声かけの母数が大事なのでガンガン行こうと。

テントを構え準備が整う。

 

歩きながらサージングしていると浜辺で歩く2人組を発見。ただ近くの男が2人の動きをチラチラ見ていて友達っぽい動きを見せていたので、様子を見る。

 

 

違うようだったのですかさず声かけ。

2人で生み出した海での鉄板のファーストトーク

反応のパターンも決まっているのである程度まで切り返しはテンプレ。

 

4人で少し話してそのまま海へ入る。

ここからはカップルっぽい事をして反応を見る。ダメなら次だ。

 

 

判定はGO

 

 

後輩にサインを送り、一度テントへ。

そのままアイスセパでコンビニへ。

スルーしてそのままエアビーイン。

 

 

砂落落とそうって行って一緒にシャワー浴びて、キス。

 

 

ノーグダ。

 

 

 

ベッドへ移動

 

 

 

 

友達のところに帰ろうよグダ

 

 

 

グダじゃない、そう言いたいだけ

 

 

 

解放

 

 

 

 

 

 

昨日あれ程遠かった即が、一声掛け目で生まれた。

 

 

即っているときに玄関から音がしたので、見ると後輩ペアが入ってきた。

わざと激しくして、後輩の担当子に聞こえるように。後輩達は別室へ入っていく。

 

 

後輩も即。

 

 

 

後から聞いたが後輩の担当子は相当固かったらしい。ただ友達がやっているのを見て、何かが弾けたらしい。

 

 

 

乱を狙いたかったが、それは無理そうだったので、フォロートークして砂浜まで送ってバイバイ。

 

 

後輩とグータッチ。

前日の敗戦からの即だったので、めちゃくちゃテンションが上がった。

この時まだお昼を少し回ったくらい。

2即目を狙いに行く。

 

 

携帯を確認すると1時間程前に昨日の黒子からLINEが。

 

今何してるのー?私達◯◯にいるよー!

 

同じとこ!今からくるー?

 

 

もう帰るー!

 

 

そっとLINEを閉じる。

 

 

こんなやり取りをしている時間が無駄に思えた。

正直昨日の黒子を即れなかったのがかなり悔しくて、その可能性が少しでもあるならと飛びついてしまった。

主導権を握られた状態で右往左往していた。

そういう状況になった時点で、おれらの負けだった。

 

 

気を取り直して声かけ開始。

 

 

何組か良い感じに和むも後輩の様子がおかしい。1即して満足してしまったか。トークとテンションに若干のズレがある。

 

 

 

するとまさかの

 

 

 

 

 

 

即った子に恋してしまったらしい笑

 

 

 

 

可愛いやつめ

 

 

 

 

お前は女子か!

 

 

放流した女の子達も海にいて何度かすれ違っていた。相手も他の男達に沢山ナンパされていたし、自分達もナンパするって開示しているので気に留めていなかった。ただすれ違う度にお互い足を止めて話してた。

その時の女の子達の反応は、他の男のそれとは違っていた。

 

 

 

何より後輩担当の方も人見知りで他の男の達からは逃げるようにしていたのに、後輩とは目を合わせて話している。

 

 

自分担当の方もなかなか食いつきがある。

このまま一緒に海で遊んでも楽しい思い出になるだろう。

だけど今日はやりきろうと、始まる前に2人で話していた。後輩は必死に自分の感情と戦っているように見えた。

 

そんなこんなで何組かテントへ連れ出すもエアビーまでが遠い。前日炎天下の中戦い、夜も最後の最後まで粘ったので、体力的にもきていた。

 

海の家のシャワーが17時までなので、その時間を狙って駅ではって声かける作戦に。

 

エアビーで準備をしていると、後輩宛に即った子から夜一緒に花火したいと連絡が。

 

 

後輩がめちゃくちゃ悩んでる。

 

 

花火行くか?と聞く。

 

 

後輩が下した結論は、ナンパがしたいだった。

 

 

何のために海に来たのか。それはナンパをする為に来たからと。

 

 

 

なら行くぞって事で、即った子達からの花火打診を断り海へ。海の家行くと、そこには輩みたいな奴らが沢山笑

 

ここはおれらのフィールドじゃないなって事で駅周辺で声かけ。連れ出せそうな子達もいたが、即の香りがしないのでバイバイ。

 

 

途中後輩がまた悩み始めちゃったんで、マインドセットしとけって事でソロスト。笑

 

 

番げだけして、戻ると何とか回復したそう。

 

ただその子達がまだビーチにいるらしく、ナンパしてるの見られたくないって事で、昨日戦った駅へ。

 

そこには昨日より人がいたが、何だかパッとしなかったので、Y浜へ。

 

 

海ナンパしに来たのに普通にストやるみたいな流れに。某バー向かいながら声かけ。

 

 

結局バーでもストでも特に面白い事が起きず、再び昨日戦った駅へ。

コンビでやっていたが体力的にも気持ち的にも切れてきて後輩がもう帰りたいっていうんで、あえて突き放す。

 

 

先帰って良いよ、おれはもう少しやる。

 

 

これ言っても帰らないやつだってわかってるから。

 

 

そこから少しソロスト。

 

 

お互い連れ出せそうになるも、エアビーの鍵グダでお互い負け。

この日も0時回るくらいまで戦って、人もちらほらしかいなくなって、自分たちの終電もあるので帰りの電車へ。

 

 

帰り道でこのプチ遠征の総括。

とても充実した2日間だった。誰に何を言われたわけでもないけど、即を狙って2人で色々考えて動いた。上手くいかないことのが多かったけど、この経験は自分の財産になるであろう2日間だった。

 

今回のプチ遠征でウイングを組んでくれた後輩には感謝。相手から年下興味ないとか散々言われてもめげないで攻める姿勢、苦手なタイプに果敢にチャレンジして、相手からの食いつきを上げる様は見てて勉強になった。多分2日目に後輩が即った子は自分じゃ無理だったから、そこは素直にすごいなと。

 

 

ただすぐ好きになっちゃうのだけは勘弁。

まぁそれはそれでいいのか笑

 

 

 

とりあえずしばらくもう海はいいかな

 

 

海行き過ぎてストが恋しくなった

 

 

でも海に行ける日は限られてるからまた行っちゃいそうだけど

 

 

 【推奨・反省事項】

遠征を通しての反省だか、2人とも普段は完ソロでナンパしているので、どうしてもすぐ1対1の構図を作って和もうとしてしまう。
乱、クルクルを狙うには4人で和んだ状態から、担当に分かれないと後々チェンジした時に相方グダが起きてしまう可能性が高いんじゃないかと思う。

 

 

和んでこのペアを狙うと決めたら、相手の海の家を把握して、そこまで迎えに行く事。他の男に声を掛けられていても、こっちにくるくらいしっかり引きつけておく事。

 

 

ギラつくのは即る場所で行うこと。場所を変えると気持ちが冷めてしまう。

 

 

 

【戦果】

1即 

 

8/5 海遠征〜1日目〜

先週の遠征から一週間

今回は海の近くにエアビーを借りてのプチ遠征

ウイングは今年何度か一緒に海ナンパしている職場の後輩

 

ナンパ歴は一年経ってないが、もともとモテていたのか気がついたら今年だけで即数が3桁間近に。余裕で抜かれるおれ笑

 

そんな勢いある後輩を引き連れての海ナンパ

どんな出会いがあるのかワクワクしながら当日を迎えた

 

 

今回は9時に海へインして17時までに1即と夜の花火案件を確保して、エアビーに連れ出し乱orクルクルをする作戦

1日目はエアビーのチェックインが15時からということで借りている部屋の近くではなく、その隣の今年何度か行っている戦いやすい海でナンパする事に。なので日中はテント即もしくは海中即を狙っていくことに。

 

 

ギャルにも対応できるように半年前から、カラダを鍛え、日サロで肌を焼いたので、ビーチで周りを見渡した時にテストステロンが爆上がり。

 

女の子をサージングしつつ海を見ると

台風の影響もあってか波が高かく、海で和んでそのまま即るというのが難しくなる。この時点で海中即は諦め、テント即一本を狙う。

 

 

普段は自分がガンガン行くタイプだが、後輩がガンガン声かけるので、自分はフォローする感じで入っていく。オープンは簡単だが、和んで連れ出すのがなかなか難しい。

 

波打ち際を歩きながらサージングしていると、遠くにいかにもインスタにあげる写真を撮っている2人組を発見。

 

 

黒ギャル子と白子。

 

 

「お待たせー!◯◯お届けに参りました!」

「2人とも2017年ミス◯◯狙ってるっしょ、おれら写真撮り検定3級だから、写真任せて!」

 

 

インスタ映えしそうなアイテムを持ちながら、こんな感じで声かけ。

 

 

関西からの旅行者。泊まってるホテルは海から割と近くの駅からすぐの場所。夜は時間あり。

この時点で後輩と目が合う。この2人に決めた。

 

 

自分・黒ギャル子、後輩・白子の担当

 

 

4人で軽く話しながら、白子が砂がついた水着を洗いたいということで後輩と一緒にシャワーへ。その間に黒ギャル子にトークしつつ軽いボディタッチ。

 

 

2人になったらトークだけで和もうとするより多少リスクを冒してでもグイグイ攻めた方が良い。これは先週の遠征での反省。

 

 

ある程度盛り上げて相手も楽しくなってきたら、カップルっぽいことしようで一緒に浮輪入って接触面積を増やしたりするのもあり。

 

 

今回は海の波すごいなーって海の方にカラダを向かせて自分は黒子の後ろからハグ出来るくらいの距離間まで詰める

 

「手シワシワでおばあちゃんみたいだなー」

って言いながら手を触る

 

笑いながら初対面なのに距離近いわーと言いつつ拒否反応は出ないのでそのまま手を繋ぐ

 

 

後輩と白子が帰ってくる。おれらを見てカップルっぽいことしてるなーって言ってきて、おれらカップルになっちゃったなって冗談言い合いながら、テントへ。

 

 

サクッと乾杯

1杯目が飲み終わるタイミングで自分と黒子でコンビニにアイス買いに行こうでセパ。

後輩のが短時間で仕上げる力があるので、先に即る作戦。

 

 

コンビニへ向かう時も手を繋いで、常に気持ちは冷めさせない。アイス買って、2人で一個のやつ買って半分こしてイチャイチャ。

 

 

帰り道はインスタの写真撮ろうで、インスタ映えしそうな場所で撮影大会。ガッツリ時間を稼ぐ。

 

 

テントの近くで後輩にこっちの存在を気づかせてから開けようと思ったら、黒ギャル子がイタズラっぽく、閉まっていたテントを勢いよく開けてしまった。

 

 

中でしてたらヤバイなーと思いながら見たら、2人とも水着を着ていたのでホッと一安心笑

 

ただまさかのグダグダでキスもできなかったそう。

 

マジか

 

一度4人でアイスを食べつつ雰囲気作り

クーラーボックスに入れる氷を買ってくるってので再度セパ

 

 

今度は自分の番

 

 

持ってきた小型の扇風機でこれあると意外と涼しいよーってやりながら、外から見えないようにさり気なくテントを閉める。

 

 

黒ギャルに扇風機を持たせて、自分は相手の腰を引き寄せてそのままキス。

 

 

ダメとは言いつつ、目をつむってる

 

 

そのままDキス

 

 

 

ノーグダ

 

 

 

そのまま下は手を伸ばすもここはグダ

 

 

一度引いてから

 

 

今度は性癖とか性感帯トークしながらギラつく

 

 

 

海入ったからどこをキスしてもしょっぱい

 

 

 

手マソまでいくもここじゃダメと

 

 

 

これは今後テント即する上での反省事項だが、砂グダがあるので綺麗なタオルと清水(洗う用)を準備しておく必要がある

 

 

 

このままいけそうだったけど、砂がついてる自分のものを入れるのも何だか嫌だなって思ったんで、ここでギラツキ終了

 

 

 

後輩が帰ってくるまで雰囲気悪くならないようにフォロートークしつつ、引き続きイチャイチャ

 

 

後輩ペアが帰ってきて、4人でテントの中に入る。めっちゃ狭い笑

 

 

アイスボックスを買ってきたので、自分と黒ギャル子は口移しで食べさせあう。

 

それを後輩が2人共イチャついてズルイー!

おれらもやろ!って事でキス。

さっきまでキスグダ崩せなかったのにめっちゃキス始める。笑

 

 

それを見て笑う自分と黒ギャル子。

その後自分達は海入って遊んで、後輩達はテントでイチャイチャ。

 

 

後輩は完全にチャラ開示したら、まさかの白子もチャラ開示したらしく、かなり盛り上がったらしい。夜花火するって事で海の家で着替えるからって事で一度バイバイ。

 

 

ただ一度自分達が相手のスイッチを入れてるから、他の男にナンパされた時に簡単についていく可能性もあるからしっかり押さえていこうって事で、速攻片付けと着替えをして海の出入口で待つ。

 

 

後輩がLINEで白子とやりとりしていると、海の家のシャワーが壊れてるからもう海の近くの最寄駅にいるとの事。

 

 

 

えっ?てなるおれら。

 

 

もう駅にいて一度ホテルに戻ってシャワー浴びに帰ってるって言うんで、自分達もエアビーに荷物を置いて合流する流れに持って行く。

 

 

 

だけどこの時点で気がつけば良かった。

 

 

 

海の家のシャワーが壊れる事なんて、ほとんどない事。これは自分達と会わないようにする為の作戦だったと。

 

 

 

エアビーに行くまでに連絡を取るもなかなか既読がつかない。電話も出ない。

完全にしくじった。また先週と同じミスを犯したのかおれは。

あれだけ良い感じだったから、こんなかわされ方すると思わなかった。

 

 

とりあえず海で番ゲした女の子達に花火打診の連絡をするももう帰ってるとのこと。

 

 

くそっ

 

 

 

仕方ないので黒ギャル子達が泊まっているホテルがある駅付近で連絡を待ちつつストをする事に。

 

 

海ナンパしに来てるのになんでストしてるんだろうなおれらって笑いながら声かけするもあんまりテンションが上がらず。

まぁまぁ大きい駅なのに駅周辺に人があまりいない。

 

 

声かけた子にいつもこんなに人少ないの?って聞くと、今日は近くで花火大会がやっているから、この時間はそっちに人が流れているそう

 

 

すると白子から今海の家で飲んでいると連絡が入る

 

 

 

ため息をつく二人

 

 

 

してやられた

 

 

 

完全に相手の掌の上で転がされていた

 

 

 

時間は20時過ぎ

 

 

 

おれも黒ギャル子にLINE

 

 

今から帰るーとの事

 

 

ここで花火打診を再度する

 

 

明日朝活するから朝やろうとかふざけた事を言ってくる

 

 

 

ただ白子からは連絡が返ってこないが、黒ギャル子からは連絡がすぐ返ってくる

 

 

 

上手く合流出来る方法を考える

 

 

 

相手が泊まっているホテルの駅は改札が一箇所だから、みんなそこから出てくる

それを思い出して後輩とダッシュ

 

 

相手とは連絡が続いてるから、改札で待ってるなーってLINEと電話も入れる

 

 

すると相手から充電やばいーっていうLINEと共に残量を示したスクショを送ってくる

 

 

 

これは上手く合流出来たらまだ可能性あるんじゃないかと思いながら改札へ

 

 

 

 

 

海がある駅からここまで10分くらいだからギリギリ間に合うかって時間

 

 

 

人が改札から沢山出てくる

 

 

 

海では水着だったから私服になってると探すのが意外と難しい

 

 

 

 

10分以上待ったが見つけられず

 

 

 

 

次に連絡取れた時は相手は既にホテルへ

電話するも今日はもう寝るとの一点張り

 

 

 

自分も後輩も悔しすぎて何も言葉が出てこない

特に後輩はチャラ開示した時に相手からおせっせしたいとまで言わせていたので、完全に仕上げたと思っていたらしい。

 

 

今日の出来事がフラッシュバックで脳内を駆け巡る。あの時ああしとけば、何であそこで気づかなかったんだとか色々考える。

 

 

 

この時点で21時半

 

 

 

色んな思いが溢れる中で

ふと一昨年に先輩と行った大阪遠征を思い出す

 

 

その時は朝までクラブを5件はしごして朝の8時位まで連れ出せなくて、おれはもう諦めて帰ろうとしてたけど、先輩は最後まで諦めずに『おれはまだ行く』って行ってほとんど女の子がいない中、棒になった足を必死に動かして声かけに行ってた。

 

 

その姿を思いだす。

 

 

 

今度はおれの番だ。

 

 

諦めるのはまだ早い。

 

 

 

やりとりしていたスマホほポッケにしまい、目をつむって一度深呼吸。

 

 

 

 

悔しがってる後輩に自分の姿を見て、 何かを感じてもらえるように。行動で示す。

 

 

2人ペアがいないので駅から居酒屋がある道を往復しながら声かけ。

 

 

しばらくすると後輩が近くにH◯Bを発見

 

 

本当に街を歩いている人が少なかったから、2人組みの女性がいるか微妙だったけど、可能性にかけて、イン

 

 

 

入口に1組だけ20代であろう2人組を発見

 

 

 

目が合う、笑顔で応える

 

 

そのままドリンク購入して迷わず行く

 

 

ここ逃したら他はないくらいのつもりで

勢いは大事だけどしっかり相手を観察

約3秒くらいで相手がどんな感じでいるのか想像しながら入る

 

 

「めっちゃ目が合ったね。海で会ったでしょ笑」

 

 

『えー何で?私達が海行ったの知ってるの?笑』

 

 

こんな感じでオープン。

正直目が合った時点で、オープンはいけると感じだか、運命感を出して一気に距離を縮めたかったのでこの声かけが浮かんだ。

 

外すかもしれなかったが、相手がオフショルダーで水着焼けしているのが見えたので、今日じゃなくても一度会ったことにして、それを押しまくっても良いかなと思った。

 

 

そこからは怒涛の盛り上げトーク

 

 

一度上げたテンションは下げさせないように。

夏の楽しさを語って、まだ花火してないの? 

じゃあ今から思い出作りに花火しようって流れでエアビー連れ出し。

 

 

銀座で夜職やってた子と専門の時の友達子

 

 

自分・友達子、後輩・銀座子のマッチアップ

 

 

 

銀座子は夜職経験あるだけあって色んな男を見てるから、少しでもヒヨるとすぐ落第の印を押しくるやつ。ただ後輩もメンタルが回復し、攻める。

 

 

友達子はH◯Bで話してる時から目が合ってもすぐそらす。それを言うと恥ずかしくて目を見れないと。恋愛遍歴を聞くも、経験が多い銀座子とは真逆。

 

 

どこかに崩すポイントはあるんじゃないかと探る。お菓子を食べさせ合ったりして、距離を縮めていきながら、銀座子には恋愛トークから下トークを話させて、徐々に雰囲気を変えようと持って行く。

 

 

 

お酒も入ってきて銀座子が良い感じの雰囲気になってきたけど、友達子はお酒も飲まないし、早く花火したいーって言ってくる。

 

何とかセパレないかと思ったけど、ダメだった。部屋でのセパは諦めて、夜の海を狙う。 

 

海へ向かう途中、自然とお互いのペアが離れて

いく。友達子と手を繋ぎながら恋愛トーク

 

彼氏は2年くらいいない。その間一度だけ、付き合ってない人と体の関係を持ったと。こんな純粋そうな子でもそういう経験がある。

どうにかできないかなって思ったけど、今のおれには出来なかった。

 

 

結局海で後輩と銀座子が見えないところでDキス負け。4人で純粋に花火を楽しんで、長かった1日が終わった。

 

 

 

 【推奨・反省事項】

即るまでは何があるかわからない。一度ギラついてから、即る場所を変える場合は心変わりが大いにあり得る。熱されていたものが一気に冷めるから、ギラつく場所と即る場所は出来たら同じ方が良い。

今回は時間的にエアビーが使えなかったから、仕方ないが、2日目はエアビーまではギラつかないようにする。

 

ブログでは上手く言語化するのが難しかったが、旅行者の子達と一度別れてから、後輩と色んなシミュレーションの対処方法を考えていた。結果的には抱けなかったが、最後まで諦めないで即を狙うために動き続けられたのは、成長である。