12/3 サクサクスト

 

月初めはなんだかんだ忙しく

 

今日も所用があり

 

 

20時過ぎからスト

 

やる事もあったため21時までに連れ出せなかったら、番げしながら帰る作戦

 

外はめっちゃ寒いからテンション下げない意味でもサクサク声掛け

 

 

結果は15声掛け4番げ自販機2連れ出し笑

 

 

心踊る番げは出来なかったが、帰りに駅のホームで声掛けして番げした子は仮アポ設定

 

 

時間とやり方、場所を考えて今後出撃予定

 

 

 

 

前回の負け考察

 

 

後日連絡がきて今の状態では家に行けないから次は会えないとのこと

 

やっぱりその日に決めないと次はないよなーって感じた

 

何度も経験してきたはずなのに

 

何度同じ事を繰り返してきたんだ自分は

 

本当に阿呆だ

 

【原因】

食いつきがかなり高いと思い次でも大丈夫だなって余裕をこいていた

 

時間管理ミス

 

中途半端なギラつき

 

 相手の言葉を鵜呑みにしすぎ

【対策】

食いつきが高くても、時間が経つと冷静になる

→女性は感情で生きる生き物だからこそ、おせっせしたという事実を作ること

 

時間管理は急遽決まったアポだった事もあるが、もしかしたら旅行というのは急についた嘘の可能性もある

→LINEで旅行が中止になったと連絡がきた

→事実はわからないが、その言葉に踊らされていつもの二軒目で話すステップやボディタッチを怠ったのが後のグダに繋がった

→いつも二軒目で行うステップを家で行ったが、かなりすっ飛ばした感がある。家に来たのは食いつきがあったから。だからこの時点では即れる可能性はあった。

→そこから相手の性の経験を聞いて、全然経験がなかったから、良い人になろうとしてしまっていた。後から思い返すとクラブには行っていたし、そこで男に持ってかえられたりはしてないと言っていたが、それも自分を良く見せようとしていたトークで本当は違った可能性もある。言葉と過去の行動から乖離があるかどうかで、実際はどういう子なのかを見極める。

 

 

中途半端なギラつき

→ここは本当に良い人に思われようとしていたにつきる

いつもと違う感じのグダだったように見えたけど本質はいつもと同じ

会ったばかり、付き合ってないとしない

ここに尽きる

もっとギラの手数、感情で押し切る、ボディタッチももっと攻めれたはず

だけど、どこかで嫌われたくない良い人に思われたい、今日これだけ食いつきあるから無理して攻めなくて良いんじゃないかって甘えがあった

 

 

気付いたら自分の中で相手を大きく見ていた

 

惚れていたのかもしれない

 

主導権を取りにいっていたようで取られていたのは自分

 

 

本当に甘い

 

 

時間が短くても一つ一つのトークを意味づけをすれば最短でゴールまで行けるはず

 

 

最近それをだいぶ意識しているつもりであったけど、全然だった

 

こんな負け方はもうしたくない

 

 

対策としては

 

アポを組む以上その日に絶対にゲットするマインドで臨む

→その為にはゲットするまで、どんなにこちらに食いつきがあっても前のめりにならずにゴールまでの道筋を冷静に考える。

 

ギラツキは手数と種類を見極めてグダ崩しを出し尽くす。インプットとアウトプット、これを普段のトークや立ち振る舞いで自分が伝えている印象と一貫性を持たせる。

 

そもそも案件が沢山いたらこの子に固執することはないので、アポ案件を増やす。

→その為には声掛け数と出撃数を増やす。年末で忙しいけど合間を縫って声掛けをする。

 

 

こういうマインドがブレての負けは1番響く。

 

 

たるんだ気持ちを引き締めるには良い敗戦だったか。

 

 

 

 

12/1 中目黒スト子アポ

11月最後の先週末はガッツリ出たのにも関わらず

 

4連れ出しも即れず

 

平日に夏の豊○園プール箱彼氏持ち子とアポりゲットして11月を終えた

 

 

そして先週のストで番げした子とアポ

 

本当は違う子とアポだったが前日にキャンセルになり、ちょうどLINEしていたのでアポ打診すると通る

 

20代中盤OL

 

番げした時は友達が来るって言うんで1分位しか話してないが、LINEIDは断られて電話番号を交換

 

そこからLINEに移行して今日を迎える

 

急遽決まったアポだけど

基本的な作戦はいつもと同じ

相手に沢山ポジティブな事話させて

その中で揚げ足とったりして

感情に振り幅つける

 

質問は普段の事や仕事の話を聞きつつさり気なく恋愛トーク

ここのつなぎ目はかなりナチュラルに行くようになってきた

 

場も盛り上がって相手からのサインも確認

普段はもっとお洒落

頬が紅潮

相手から直接タイプと言われる

終始笑顔

こちらの発言に対して肯定

 

このタイミングで二軒目打診

 

するとまさかの明日から旅行行くからなー

 

なんて言ってくる

 

二軒目行くならここで○○食べたいと言われる

 

ここは主導権渡してはいけない

 

理由つけて二軒目打診

 

移動中にハンドテスト

 

そこから更に理由をつけてタクシーで家まで

 

家前でグダられるもクリアし家イン

 

 

ただ二軒目でぶっこむ恋愛トークや下トークをしていなかったので、すぐにギラつかず和む

 

実はと

 

初めてじゃないけど、それにかなり近い

初体験してからしてないと言う

 

えっじゃあ今の彼氏とはしてないの?

半年付き合ってまだおせっせしてないとの事

 

 

これは本当か嘘かと思いつつ

グダ崩し

ここもバリエーション増えて

角度を変えて崩せるようになってきた

 

がしかし

今回はボディタッチもあるのに

ハグもグダ

 

帰れなくなっちゃう

はまっちゃうから等

 

しまいにはそろそろ時間がと言われる始末

 

うーんどうしようと思いつつ

口と手は動かしつつ必死に考えるも

 

 

手詰まり

 

 

相手からまた会いたいからと言われ日程決めるも、今この場を帰るのに取り繕う為のやつなんだろうなって思った

 

 

駅まで送って解散

 

 

帰り道

 

秘技  チ○出しくらいすれば良かったかなって反省

 

 

 

ただ今日のアポはトークの流れがスムーズだったし、自分が伝えたい自分の印象をしっかり相手に与えられていたのでそこは満足

 

 

 

反省としては次の日の予定は早めに確認すれば、アポの内容ももう少しスピーディに出来たか

 

 

いやあれ以上は無理だな笑

 

 

  

 

 

11/18 10年間付き合ってる彼氏がいる子とのアポ

 

アポ前のスト

 

待ち合わせまでに1声掛け

 

試したかった事が試せた+声掛けの習慣化がうまく出来たので良い感じ

 

 

 

そしてアポへ

 

 

アポ相手は夏の海遠征で出逢った子

 

 

会った時可愛くて本気で恋しそうになったが、番号が早々に死んでしまった

 

 

そこからザオラルをしかけは死にを繰り返して、やっとアポまでこぎつけた

 

 

最近気合が入るアポに限ってドタられるので、アポ2-3日前からのやり取りは慎重に

 

 

アポ3時間前にもしっかり連絡がきた

 

 

本気でゲットしたかったので、いつよりアポの時間配分、待ち合わせからお店に着くまでのトーク、お店に着いてからどんなトークをして関係性を構築して、どんなトークで相手を性的に興奮させる状態に持って行くのか、そこから連れ出してクロージングするところまで

 

 

一連の流れを紙に書き出し、自分の中でしっかりイメージを整えて臨んだ

 

 

事前情報としてはかなり長く付き合っている彼氏がいる事はわかっていたので、自分とのアポに来るという事はそこの関係に何かあったのだろうと予測

 

 

彼氏との関係性が悪くなっていて、新しい人を見つけたいと思っていそうなら、彼氏になりうる存在に

彼氏との関係に飽きていて刺激が欲しいだけそうなら、重くないような存在に

 

 

そこの見極めをしつつトークを展開する

 

 

グダは予防線を張るとともに、グダが来た時に一貫性を持って崩せるように関係性を深めるトーク中に布石を打っておく

 

 

この辺りを念頭においてアポにのぞむ

 

 

駅の改札前待ち合わせだったが、相手が出口を間違えて道に迷うというアクシデント発生するも無事合流

 

久しぶりに会ったけど、相手の笑顔に引き込まれそうになる

 

 やっぱり可愛い

 

アポのお店までもイメージ通りに展開

 

 

夏に知り合ってから、この4ヶ月間変化あった?というオープンな質問から、彼氏との関係を探る

 

 

今の彼氏とは約10年間付き合っていて結婚も考えていた

 

ただ最近本当にこの人で良いのかなとも思い始めて、人生の岐路に立っていると

 

相手からどう思う?と聞かれたが、その事についてはあまり触れずに

 

彼がどんな人で

 

どんなところを好きになったか

 

恋愛においてどういうポイントを重要視しているのかを探っていく

 

相手がこちらに興味を示して質問を返してきてもわざと答えないで少しはぐらかす

 

 

何で私ばっかり話して何も教えてくれないのーっとプンスカする顔も可愛い

 

 

アポでゲットとか何も考えてなければ、普通に思ったまま聞かれた事答えるんだけどなぁと思いつつ、お酒を口に含みながらまた話題を変える

 

冗談を言い合える

 

話している時に笑顔が絶えない

 

声のトーンが上がってる

 

時計を見るそぶりがない

 

2人の空気感

 

この辺りを判断材料として2軒目へ

 

移動中にハンドテスト

 

 

最初は恥ずかしがるも問題なし

 

 

握り返しにも反応

 

 

これは確度高めだなと思いつつ2軒目へ

 

 

ここで一気に下トーク

 

 

恥ずかしがるもぶっちゃけトークが始まる

 

今の彼氏と付き合ってから他の人とエ○チした事ない

 

キスはあるけど、そこから先は絶対に守ってきたと

 

それが本当かどうかはわからないが、もう少し話題を掘り下げていく

 

雰囲気的に硬い訳では無さそうだけど、このままいくと最後に強烈なグダ食らいそうだなと感じる

 

ここで後のグダ崩しのためにエ○チに対する価値観をさらっと話す

 

 

人が増えてきたらさり気なく腰に手を回し引き寄せる

 

今までこれが結構効いていることが多かった

 

すると相手からもボディタッチがくる

 

お互いにお通しを食べさせあったりしてカップルみたいな雰囲気になる

 

 

トークもボディタッチも確認

 

 

ここからもう一軒サクッと行こうでタクシーイン

 

 

タクシーでキスするも恥ずかしがっているのか、ちょいグダなのか微妙なキス

 

 

でも雰囲気は悪くなっていない

 

 

そのままテンションを維持して家前へ

 

 

ここ家じゃん

 

 

サクッと飲んで行こう、5分だけ

ホストじゃないから延長とかなしな

と冗談を織り交ぜつつ

 

 

家イン

 

 

ここからクラブミュージックを流しつつ、乾杯

 

少し警戒してる感じ

 

話しつつギラ

 

 

グダ

 

 

慣れすぎ!いつも女の子ここに連れ込んでるんでしょ!

 

何度も言われたグダなのですぐに切り返す

 

しかし

 

ってか雰囲気良すぎて怪し過ぎる、やり部屋?とまで言われる

 

 

こちらを試しているクソテストみたいな感じだなと判断し、動じない態度で切り返す

 

 

後ろからハグも

 

本当に慣れすぎ!いつこうやって女の子と遊んでるんでしょ!私はそういう女の子とは違う

 

 

軽くないアピールをしてきたので、そこはしっかりわかってるという立場と

 

自分も誰にでもこういうことをしている訳ではないという切り返しに感情を加えて切り返す

 

 

そこからはいつものルーティーンを使いベッドまで

 

 

DKグダ

 

 

一度ステップを戻りギラつきをやめる

 

 

会ったばかりだから

付き合わないとしない

付き合う前にすると続かない

ヤリモクじゃないか

と何度も同じグダがきた

 

 

その度に今まで話してきた事と態度が一貫するようにグダ崩しを行ないながらギラついていく

 

 

徐々に相手がこっちの言うことに同意し始めた

 

 

ガードが次第に緩くなっていきブラも外れ

 

 

スボンのボタンも外れ

 

 

だけどそこからはやっぱりダメ

 

 

 

次会った時じゃダメなの?

 

 

次がない事なんて百も承知

 

 

失う覚悟を持って言葉とカラダで訴える

 

 

出会った時に感じた印象

そこから今日までのこと

今日実際会ってとても楽しかったこと

それを1つずつ丁寧に伝えた

 

 

 

ふと何かを納得したように

 

 

そこからはグダもなくなりゲット

 

 

 

その後タクシーまで送って解散

 

 

 

 

【推奨・反省事項】

アポでは事前に想像していたイメージ通りに進めた。特に関係性を作ってから、下トークに移行するステップを相手の状況を観察しながら行えたため、ボディタッチまでのグダは無かった。

 

今回1番学んだのは、クロージングした時のグダ崩し。グダを崩そうとして、そのグダを潰そうとだけ考えると言い合いみたいになってしまう。けど、すぐに切り返さないといけない。

 

これに関してはアポの時に事前にくるグダを想定して、自分という人物は○○な人間というのを相手にイメージ、理解させておくことにより、その後の行動と一貫性を持たせることが大切だと改めて実感した。

 

グダに関しては一貫した論理がある切り返しと相手のグダの本質が何なのかを早めに確認すること。本当のグダではない事を崩そうとしていたらそれ以上先には進まない。

 

今回はグダ→切り返し→新しいグダ→切り返しを繰り返しつつ、押したり引いたりを繰り返して時間がかかったが、本当にゲットしたい時は粘るのも大事だなと感じた。もちろん本当に無理な時は諦めて、フォローして解散。

 

 

振り返りとして録音した音声を聞いていると、自分が思っている以上に自分が話しているなということに気がついた。ポイントポイントで話すのは良いが、やはり基本として7:3スタンスはしっかり意識して行いたい。

 

 

今回は事前に想定してたパターンの新しい彼氏になりうる存在という立ち位置でトークを進めていったがどうなるか。

 

今月は現時点で3アポあるので、今回の経験を活かしてゲットにつなげていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11/16 スト

 

所要がてらスト

 

 

今日は全然立ち止めが出来なくて、流れ悪いし疲れてるから帰ろうかなって思って

 

張ってるアンテナを解くんだけど

 

駅に向かってる途中でやっぱりこのまま何も無いのは嫌だなって思ってあとひと声掛け

 

もうひと声掛けって感じでしちゃう

 

 

結局駅まで平行トークして番げ

 

 

最後は向こうから連絡先出してきた

 

 

とりあえず教えとくか

 

的なノリっぽかったな笑

 

 

まぁこういう日もある

 

 

 

11/15 ストと飲み会

 

最寄りといつもの街で

 

4声掛け2番げ2仮アポ


声掛けの声量とポジション、3-5ラリーで立ちどめ
立ち止めの時自分が壁を背にする
→意識したことを行動に移せた

 

 

 

 

夜の飲み会は会社の先輩と自分のキセクとその友達の4人

 

 

乱したいなーなんて事前に言ってたけど

 

 

流れグダグダで結局何もなし

 

 

キセクは先輩もいけそうだったんだけどもう1人が固めでアシストも出来なかったから反省

 

 

 

 

 

11/12 スト

 

キセクを送り届け、用事の前に仲間がいるとの事で渋谷へ


3声掛け
0番げ


立ち止めが2回と意識している事が、行動にも現れた。
声掛けのポジションとテンションが女の子にあっていたのと、街の時間帯雰囲気も感じながらしっかり声量を出せたのが良かった。

 

街に出て声掛けが楽しくなってきた。